ドメインの画像

ドメインの正規化でゾーン情報を整理

URLのドメインを正規化するということは、データや表記ルールを規則化することであり、コンテンツにおける複数の内容のものを独自のものとして明確にすることを意味し、検索エンジンに対して独自のものであることを指定することにあります。正規化を行う訳としては、SEO対策に重要となる被リンクなどをオリジナルに統一する為として、同じコンテンツのものであるにもかかわらずURLが2つ存在した場合に検索エンジンから別のものとして判断されるケースを防ぐ為であり、このケースの場合SEO対策としは損をすることになります。こういったことから独自のオリジナルであることを明示することが必要となり、正規化を行う訳となります。同コンテンツのものが検索の上位に2つも3つも表示されては他の2つが不必要となり、サイト運営者にとって正規化の対応は当然のものとなります。サイトの管理には複数となった場合、DNSを管理するにあたり、ゾーンの仕分けやホスト登録の場所決めなど整理が重要となってきます。この管理を怠りまちがうとSEO対策もうまくいきません。複数のサイトを運営した場合ゾーンを分けたほうがうまくいき、複数のゾーンを作成して、DNS設定でのホスト登録を行っていけば希望通りのサイト構成をすることができることでしょう。正規化としての手順ではグーグルのウェブマスターなどにサイト登録をして、サイトの設定から詳細な設定を行いドメインのあり、なしを統一しておきましょう。ドメインの正規化で検索順位が上位表示される訳ではありませんが、複数の同コンテンツやアクセスできるものが存在した場合、後にトラブルとなる可能性があり、SEO対策には重要となります。